2007年08月28日

再び犬の散歩の事

《犬の散歩は社会悪だ》

確か去年のブログにも、犬の散歩で糞を撒き散らす飼い主が多い事を書いた。

これは全ての犬の飼い主に当てはまる訳では無く、ちゃんと糞を持ち帰って自宅で適正に始末している人も沢山いる訳である。

ところが犬の散歩中の小便についてはどうだろうか?

今朝のニュースで犬の小便が原因でカーブミラーの根元が腐食して倒れ、子供が怪我をしたと報道されていた。

果たして日本国内で、犬の散歩中に小便を持ち帰る人がいるだろうか?

先ずいないだろう。

しかし確実に毎日日本中で犬の小便はまき散らかされている。

 

《私も犬は大好き》

こんな事を書くと、「あいつは犬が嫌いなんだろう」と言われるかも知れない。

ところが私は大の犬好きなのである。

昨日も子供と近所に出来た新しいペットショップにウサギを見に行ったのだが、私は柴犬のケージの前で釘付けになったしまった。

元々和犬が好きで、小さい頃から犬猫と一緒に育った私としては、本当は犬が飼いたいのである。(猫は子供がアレルギーなのでだめ)

幸い住んでいるマンションはオーナーが寛大な人でペットはオーケーなのだが、散歩の手間や、 留守にするときの事を考えて飼わないことに決めている。

そして私はいくら犬が好きでも、 アスファルトやコンクリートに犬の小便を垂れ流しにして散歩させるような飼い主にはなりたくないのである。

 

《犬の小便垂れ流しは犯罪だ》

人間が立小便をすると確か軽犯罪になったと思うのだが、犬の小便は何故か犯罪にならないようである。

しかし全国でカーブミラーが倒れてけが人が出だすとなると、たかが犬の小便と笑ってはいられない。

ガードレールだって、根元が腐って倒れるかもしれないし、犬の小便に定番の電柱だって化学反応か何かでコンクリートが腐食して、 日本中の電柱が傾きだすかも知れない。

やはり犬の大便放置は飼い主が懲役刑で、小便は1万円程度の罰金刑くらいにしないと、 今のモラルの欠如した飼い主達の心がけは改まらないのだろう。

法や条例で規制してくれたら、ペット専用のトレーニングジムが出来てきて新しいビジネスチャンスも生まれるだろうし。

警察も軽微な交通違反を物陰に隠れて取り締まって点数を稼ぐより、 早起きして犬の散歩を取り締まった方が効率よく稼げるようになるのに、と思うのは私だけでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by オリエンタル・メソッド at 11:09| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。